手荒れについて知ろう!

手荒れの対策

手荒れについて、どのように対策すれば良いかについては、手荒れの症状や手荒れの原因などにより、さまざまな違いが出てくることと思います。
たとえば、ふだん使っている台所用洗剤が手荒れの原因として考えられる場合、もしくは特定できる場合には、台所用洗剤を手に優しいタイプの洗剤に替えることで、手荒れの症状が緩和される場合があります。

 

最近、主婦に多くみられる手湿疹は、主婦湿疹、医学的には進行性指掌角皮症といった呼び方をすることもあります。他の部位に湿疹の症状が出ないのに、手だけに湿疹の症状が頻繁に起こる場合、手湿疹の可能性が高いようです。
手湿疹にかかった場合は、手にハンドクリームやワセリンを塗るだけではなく、皮膚科専門医の診察を受けて、適切な治療を受けることです。その場合、内服薬よりは塗り薬が処方されるのが一般的です。

 

手荒れ対策で自宅でできるケアとしては、手の皮膚が乾燥しないようにふだんからケアしておくことはもちろん、水仕事をする際にビニールの手袋などを使用する場合は、素材の安全性に十分配慮しておきましょう。

 

手が水や洗剤に触れないようにビニール製の手袋でハンドケアしているつもりが、手袋に含まれている化学成分に反応して、かえって症状が悪化したというケースも多いので、とくに敏感肌の方は注意が必要ですね。手荒れの根本的な対策としては、手荒れの原因を正しく知り、原因に見合った対策をとることです。

 

アトピー体質やアレルギー体質が原因で、手荒れになりやすい人は、体質を改善することが最良の対策となります。