手荒れについて知ろう!

手荒れで水泡ができる

手が荒れて水泡ができる皮膚の病気として、手白癬にかかった可能性があります。手白癬は、白癬菌が皮膚内に繁殖したために引き起こされる皮膚の疾患であり、手白癬ができている人は足の水虫ができている人に多くみられます。
白癬とは、水虫のことであり、水虫の原因は白癬菌の繁殖によるものです。

 

手荒れで水泡ができても、とくに痛みをともなうことはなく、強いかゆみを感じることもないようです。そのままほおっておくと、水泡があちこちに広がる可能性があり、いったん症状がおさまっても頻繁に同じ症状を繰り返すこともあります。

 

皮膚の症状は、しばらく時間が経って症状が落ち着くと、そこで安心してしまうケースが多いのですが、できるだけ早いうちに皮膚科専門医の診察を受けて適切な治療を受けることが大切です。

 

手荒れが水泡ができるからといって、手白癬にかかってるいとは限らず、金属アレルギーやアトピー、手湿疹などの可能性もあります。手に水泡が出ると、しばらくするとぐじゅぐじゅして、出血することもあります。かゆみをともなう場合は、かいたりかきむしったりすると、雑菌が皮膚の内部に侵入して、かえって皮膚の炎症を彦起こす場合がありますので、注意が必要です。

 

手荒れで水泡ができた場合は、ハンドクリームやワセリンなどで保湿成分を補給するだけでは症状は改善されないので、皮膚科専門医の診察を受けて、処方される塗り薬を使用上の注意を守り、こまめに塗ることです。