手荒れについて知ろう!

手荒れに効くハンドクリーム

「毎年、冬になると手がカサカサして手荒れがひどくなって、冬が来るのが憂鬱になってしまう」という主婦の方も多いようです。1日3度の食事のたびに食器や調理器具を洗い、食材を水で洗ったり、掃除で水を使うことも多く、お肌のお手入れ以上にハンドケアは常に配慮していなければなりませんね。

 

手が荒れやすい人もいれば、ちょっと水仕事をしただけでも、すぐに手荒れの症状が出る人もいます。それは、手の皮膚が薄くて乾燥しやすくなっていて、バリア機能が低下していることが原因と考えられます。その他には、アトピーやアレルギー体質の方は、水そのものよりも使用する洗剤の影響で、手荒れしやすくなることがあります。

 

手荒れ対策として、もっとも簡単でオススメの方法は、ハンドクリームをこまめに塗っておくことです。わたしたち女性のお肌は、水分と保湿成分、そして適度に油分を補給する必要があります。
水仕事をしていて、とくにお湯を使う場合は、手の皮脂や水分、保湿成分が流れ出てしまい、乾燥ケアを十分にしておく必要があります。

 

乾燥肌の方や、お湯を使う方は、とくに保湿成分がたっぷり含まれたしっとりタイプのハンドクリームをお使いいただくと良いでしょう。ワセリンや尿素配合のハンドクリームなどは、とくにおすすめです。それでも手荒れの症状がおさまらない場合は、皮膚科専門医の診察を受けて、塗り薬が処方されますので、医師の指示のもとに正しく使うように心がけましょう。